« アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 | トップページ | 『海賊と呼ばれた男(上)(下)』 »

2014年4月13日 (日)

鳳凰祭四月大歌舞伎

歌舞伎座へ。今月は、「歌舞伎座新開場一周年記念 鳳凰祭四月大歌舞伎 歌舞伎座松竹経営百年 先人の碑建立一年」とものものしい。おまけに、三津五郎さんの復帰を祝い、坂田藤十郎一世一代にてお初相勤め申し候という重厚さ。昼の部をみてきました。たっぷりの曽根崎心中効果か、終演は4時とたっぷり。
幕開けは、「壽春鳳凰祭」。いわうはるこびきのにぎわい。歌舞伎座新開場一周年記念として新たにつくられた舞踊だそうです。豪華で華やかでよい幕開けでした。あの大騒ぎの開場から1年が経ったのだなぁ。時蔵一家の充実ぶりはすばらしい。みなさま達者でかつ品があります。新悟くんは本当にうまくなりました。隼人くんも健闘。若手はもう安心です。橋之助さんの貫録っぷりがよかった。
続いて「鎌倉三代記」。うーむ難しい。まだ、心に染みてきません。今度こそと思ってみるのですが。この刀で北條時政を斬り、その返す刀で自害すれば父 時政を討ったことにはならない。というようなこを言っていたように思う。実父の時政を討てば未来永劫夫婦だというのはちょっと卑怯なのではと思ってしまうようでは、まだ本質を理解できていないのでしょう。まだまだです。姫は、常にかしずかれ、重いものなど持つことがない暮らしなのに、ここで姫をだすというのは難しい。魁春さんは、けなげによく動きますが基本的におっとりしてみえるところが姫でした。姫は、意外と命がけかもしれません。歌女之丞さんが出てくると、感情移入できるのですが、いろんなところで疑問がわいてしまう演目。わたくしは、まだまだです。
おひるごはんの休憩の後、お楽しみの「壽靱猿」。おかえりなさい、三津五郎丈!歌舞伎座の舞台の上で、元気な姿をみたときに嬉しかったこと。そうそう、そうこなくっちゃ。巳之助くんもさぞうれしかったことでしょうと親戚のような気持になりました。壽靱猿は、狂言の靱猿からの演目。といっても大名が女大名になり、太郎冠者が奴になります。それだけでなく、雰囲気が大分異なりました。女大名三芳野は又五郎さん。ぽっちゃりして、何かと殿方を好きになる可愛いらしい女子でした。奴のみっくんは、キリっとして、女大名を軽くあしらい格好よかったです。そこへ小猿ちゃんがタタタタッタタと駆けて登場。かわいい。もう、かわいい。猿曳が踊るときには、きちんと膝を抱えて身動きしない。決めるときはばっちりきめる。もう、女大名でなくても可愛らしくて、抱き締めずにはいられません。 役者が揃ったところへ、猿曳が登場。まってました!大きな拍手に包まれ、花道の七三で踊るその姿をみて、本当にうまいなぁとしみじみとほれぼれしました。猿曳の三津五郎が小猿ちゃんをじっとみる間もいい。より健気で哀れに思えました。いい演目でした。
最後は曽根崎心中。坂田藤十郎一世一代にてお初相勤め申し候。とのことでしたで、これは立ち会わねばと思いましたが、インタビューで藤十郎はんが、お客様お一人お一人にとっての一世一代となるよう・・・というようなことをおっしゃっていました。えっ?藤十郎さんにとっての一世一代ではないの・・・と多少の疑問がわきました。一世一代という思い入れもあったのでしょうか、ものすごくたっぷりとしていました。持参金にまつわるあれこれと、曽根崎の森へいってしまってからのあれこれが、特にたっぷりとしていました。喉元に足首をあてて決意の旨を伝えるところや、平野屋久右衛門さんが2人に死なずにすむどころか一緒になれる道をつくってあげたのに心中に旅立ってしまったというすれ違いのところが余り目立っていなかった。哀れさがかけてしまったかもしれません。でも、藤十郎ショーの感じがたっぷりとあったので、今回はこれでよかったのかと。おつかれさまでした。翫雀さんの口跡がよく、次世代の近松ものも楽しみになりました。橋之助さんの九平次がよかった。悪のかっこよさを持つ男です。

|

« アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 | トップページ | 『海賊と呼ばれた男(上)(下)』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/55796783

この記事へのトラックバック一覧です: 鳳凰祭四月大歌舞伎:

« アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 | トップページ | 『海賊と呼ばれた男(上)(下)』 »