« 團菊祭 昼の部 | トップページ | バルテュス展 »

2014年5月18日 (日)

フランス印象派の陶磁器

ハ゜ナソニック汐留ミューシ゛アムへ。フランス印象派の陶磁器 ~1866-1886シ゛ャホ゜ニス゛ムの成熟~をみてきました。友にいつも感謝です。
日曜美術館の北斎漫画の際に、紹介されていた皿だったので本物をより興味深くみました。どうしてこの部分とこの部分をひとつのお皿に配置したのでしょう?と不思議におもいつつみる。日本風と日本人が創りだしたものの違いが面白い。展示方法もよかった。壁でじっくりと図柄を楽しんだり、テーブルセッティングしてある組み合わせを楽しんだり。ルノワール(もちろん本物!)がさりげなくかけてある。こうやって本当に晩餐会をひらいていたのだなぁと想像しながら鑑賞。写真をとるポイントの足形があるのが面白かった。何も持たないで会場に入ったので、写真を撮っている人の画面をそっと覗いたりしてみました
傘張浪人と、傘を突き破る雀という構図の斬新さにやられました。

|

« 團菊祭 昼の部 | トップページ | バルテュス展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/56262549

この記事へのトラックバック一覧です: フランス印象派の陶磁器:

« 團菊祭 昼の部 | トップページ | バルテュス展 »