« 非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 | トップページ | おかえりなさい&おめでとう六月大歌舞伎 »

2014年5月30日 (金)

篠山紀信 今様歌舞伎役者図絵展

篠山紀信が撮る歌舞伎役者絵巻百花繚乱みたいな展示が、終わっちゃう。最終日ギリギリに駆けこんでみてきました。大手町駅直結の大手町ホールの3階、よみうりギャラリー。吹き抜けの前の通路にずらっと60枚のパネルが並ぶ。30枚づつ上下に。上下で兄弟になっていたり(市蔵さんと亀蔵さん)ウコン並びがあったり(尾上と市川)ちょこちょこ面白かった。以前いったトークショーで、見得をきる前の瞬間を撮るというようなことを言っていました。止まってからの形を撮るのではないと。うまいっていうのは失礼だけどうまい。実にいい表現のところという写真でみあきませんでした。もっと早くみにいっておけば・・・もう1回2回、何回かみたかったなぁ。無料でこんなに立派なものをみせてくださってありがとうございました読売新聞さん。

|

« 非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 | トップページ | おかえりなさい&おめでとう六月大歌舞伎 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/56388187

この記事へのトラックバック一覧です: 篠山紀信 今様歌舞伎役者図絵展:

« 非日常からの呼び声 平野啓一郎が選ぶ西洋美術の名品 | トップページ | おかえりなさい&おめでとう六月大歌舞伎 »