« 小倉充子と江戸の仲間たち | トップページ | 超高速参勤交代 »

2014年6月30日 (月)

『仙台ぐらし』

伊坂幸太郎『仙台ぐらし』(荒蝦夷出版)を読む。  (2012/2)
伊坂幸太郎が地元仙台に根付き、そこに足をつけ愛していることがよくわかった。作品を読んでも仙台を想う気持ちはわかるけれど。よりわかった文章でした。定期刊行物『仙台学』に寄稿したエッセイが中心。
2011年2月。震災。その前に書かれた文章、その後に書かれた文章が掲載されています。小さなことで不安に思い意外と妻を頼るようなエピソードが多く、でもこの先に震災が起こってしまうことを知っていて読んでいる。小さな不安に心配(オタオタ)できることって幸せだったのではと考えたり。
伊坂氏が、震災のコメントを発信できなかったという気持ちや、「僕は、楽しい話を書きたい」とたどりついたことなどを、少し胸が苦しくなりながら読んだ。

|

« 小倉充子と江戸の仲間たち | トップページ | 超高速参勤交代 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/56686270

この記事へのトラックバック一覧です: 『仙台ぐらし』:

« 小倉充子と江戸の仲間たち | トップページ | 超高速参勤交代 »