« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 栞子さんと繋がりの時』 | トップページ | 斎藤誠独唱独演 ~品川教会ネブラスカ2014~ »

2014年7月17日 (木)

『桜庭一樹読書日記1・2・3』

これぞプロの日記。
桜庭一樹の『少年になり、本を買うのだ 桜庭一樹読書日記』 『書店はタイムマシーン 桜庭一樹読書日記』『お好みの本、入荷しました 桜庭一樹読書日記』(創元ライブラリ)を読む。満喫。
私が、プロの物書きの書く日記が好きなのを知るおさるが 桜庭一樹読書日記 を薦めてくれた。なぜか買ったままずっと積んでおいた。そうそう、これまだ読んでいなかったと手にとる。あわわわわわ。ものすごい。なぜ、すぐに読まなかったのだろう私と、己の不甲斐なさにクネクネしながら読む。ゆっくりと大事に読む。1冊目を読みながら3冊目まで購入。手元において安心しながら読む。 読み始めて、あっ桜庭一樹って女子なのねと驚く。格闘家っぽい男子かと思ってた。なぜ、かわいらしい甘そうなアルコールを飲むだろうと思っていたら。女子なら、あっていた。
本当に本当によく読む人である。読みまくるとはこのことだと実感した。編集者という人種の読書量にも驚く。本をこんなに愛している人が、本をつくっていたのかと、ものすごく納得した。かっこいい。編集者諸君は、魅力的な人だらけで、登場するたびに興味深く読む。若い編集者の あれ誰ですか の一言に、「若いのにあんなに本を読んでいるのに長淵剛を知らないなんて」と思う桜庭一樹の感覚が面白い。 本を読みながら、あーこれ読みたい。これも読みたいと思う。読書中の大半は、かなわない かなわない かなわないと降参しながら読む。彼女がこよなく愛するジョン・ディクスン・カーのミステリや、ガルシア=マルケスは読んでみないといけないなぁ。
紀国屋書店に歩いていかれる都会に住む生活も、実家の鳥取にこもる生活も全部本が中心。他のことに執着しない いさぎよさが気持よかった。直木賞の受賞や、電撃入籍などの一大事にまつわる大きな出来事もある時期の本の読み方も面白い。かわらない本の虫。
彼女の人となりが浮かび上がってくる。プロの物書きの面白がり方は、こちらに感染する。好きさを表すのは腕がいる。面白さを共用した人となら、どんどん盛り上がれるが、自分が感じたワクワクを伝えることのなんて難しいことか。
ページ下の補足までも丁寧に読む。とにかく読みどころだらけ。ぼんやり気味に日常を描いていますが、プロの覚悟がみえる。時折ハッとする。生きにくい道をあえて進むことを選んだ厳しさがみえた。
一番驚いたのは、飲んで帰ってきた時に お風呂に入る前に 酔いざましにと本を手にとるところ。おそれいりました。次巻がまちどおしい。

|

« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 栞子さんと繋がりの時』 | トップページ | 斎藤誠独唱独演 ~品川教会ネブラスカ2014~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/56792731

この記事へのトラックバック一覧です: 『桜庭一樹読書日記1・2・3』:

« 『ビブリア古書堂の事件手帖 (5) 栞子さんと繋がりの時』 | トップページ | 斎藤誠独唱独演 ~品川教会ネブラスカ2014~ »