« プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | トップページ | プチ夏休み・ヴァロットン展 »

2014年8月14日 (木)

プチ夏休み・バルテュス 最後の写真-密室の対話展

ヴァロットン展をみた後、同じ三菱一号館美術館の別展示 バルテュス 最後の写真-密室の対話展をみる。上野の東京都美術館にバルテュス展をみにいき、その いさぎよい変態ぶりを存分に堪能した。面白かった。凡人は変態にあこがれ芸術を鑑賞することを愛すのだなと思った。最後に少し出ていた写真をみて、本展を楽しみにしていたのだが、うーむ。
個人的な意見ですが、これは別途開催する必要があったのであろうか。バルテュスの良さを感じることができなかった。みた後、気持があまりよくない。500円というのは お得だとおもったが、みた後ではそうも思えなかった。会場である三菱一号館美術館も、あまりすきではありませんでした。
大雨の日。ヴァロットン展をみた後、一度会場の外に出て 建物を半周し 別の入り口にまわるようになっていた。そしてこの展示。うーん。もう少し動線を考えることができるのではないだろうか。同じ敷地内なのに。古くからの建物なので、不便さも魅力ではある。それとは別に決まりが多くてちょっとうんざりした。道はあっても通しませんという感じ
一番好きでないところは、足音がうるさい床。次に動線の悪さ。入口と出口があんなに離れてわかりにくい。預けた傘はどすると思っているのでしょう。ロッカーもわかりにくい。行動を制約させる注意が多い。そこはだめ、こうしろ、ああしろ。それなのに、大切なことがわかりにくい。狭い展示スパースのところに、あえて小品を沢山をおくとか。みにくいじゃん。愚痴があふれでてしまうのであった。順路をこうすればいいのにとか、改善点ばかり考えてしまった。
こんなにいい建物なのに。いい美術館になるといいのになぁ。

|

« プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | トップページ | プチ夏休み・ヴァロットン展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/57214658

この記事へのトラックバック一覧です: プチ夏休み・バルテュス 最後の写真-密室の対話展:

« プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト | トップページ | プチ夏休み・ヴァロットン展 »