« マレフィセント | トップページ | プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト »

2014年8月10日 (日)

ABKAI

市川海老蔵 第二回自主公演 ABKAI2014をみてきました。
最初は、義経千本桜 河連法眼館の段。佐藤忠信の引っ込みが少し違った。何もしないでひっこむという以前の型で演じたそうです。何もしないでひっこむのは難しいと最後のトークショーで話していました。あのもったいぶってはいることが好きなので、ないと不思議な感じがします。河連法眼館は、度々海老蔵さんでみたので、もうしばらくあけてからがいいな。壱太郎くんの静御前、かわいらしく姫らしかった。亀三郎さんの義経とよく似合っていました。
次に、新作舞踊劇『SOU~創~』。「古事記を基に、大胆な発想で構想する、喪われし神を巡る物語り」だそうです。また、上妻宏光も登場。舞踏も上妻さんも見せ場を作り、歌舞伎をわかりやすくし、あれもこれもというギュウギュウ詰め。舞台をシンプルにしたのが、かえって創作ダンスっぽくしていたような気がしました。最後に壱太郎くんと亀三郎さんが加わったら、韃靼っぽい踊りにみえてきてホッとしました。海老蔵さんが決めると、やっぱり見栄えがいい。成田屋の御弟子さんが活躍するのもうれしい。でも、一人が突出しすぎている。もう少し集団で競い合うという形での自主公演となったなら。その方が断然みに行きたくなる。
歌舞伎をみたことがない人に歌舞伎を知ってもらうということを真剣に考えていることは伝わりました。でもそれは、従来の歌舞伎である方がいいのではないかしら。あれころ考えた。海老蔵さんを見に行く時は、しばらくは自主公演でなく本公演だけを楽しもうかな。

|

« マレフィセント | トップページ | プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/57214648

この記事へのトラックバック一覧です: ABKAI:

« マレフィセント | トップページ | プチ夏休み・パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト »