« オルセー美術館展 | トップページ | ABKAI »

2014年8月 3日 (日)

マレフィセント

大竹しのぶが低ーい声で歌う歌にひかれて(あーなーたーのためにーいーきーてーきーたー)、母とマレフィセントをみにいってきました。思っていたよりもファンタジーでした。妖精的な。けっこうこういう世界が好きなので、私は楽しかった。森の生き物の女王は鉄に触れると火傷するというような設定も気に入りました。出世の為に、森のすてきな生き物を裏切った男が王になり、自分の罪に恐れ自分を失っていく。小学校の時の読み物のような世界。おろかな人間が森を破壊しようとし、正義が勝つ。私は好き。

|

« オルセー美術館展 | トップページ | ABKAI »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マレフィセント:

« オルセー美術館展 | トップページ | ABKAI »