« あけましておめでとうございます | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック »

2015年1月 2日 (金)

初芝居

Getattachment 今年の初芝居鑑賞。
歌舞伎座にしました。昼夜通し。3階だけど着物ではりきって観て来ました。
歌舞伎座は満員御礼。お着物率も高かったです。客席も張り切りモードで、みんな幸せそう。あちこちに華やかな飾りも多く、とにかく華やかな空間でした。1階のホールには大きな鏡餅。橙がいっぱいのっていました。お餅がひび割れているので本物ねと友とよーくながめる。立派なイセエビもついていました。もしかしてあれも本物?2人でクンクンと嗅いでみると生臭い・・・若布の匂いかしら。とにかく浮かれた一日でした。
亀ちゃん(もう猿之助さんだけど)が、やっと歌舞伎座に!!きねんすべき初日にみてきました。すごかった。薄の原っぱから滑るようにおりてくる。エスカレーター?と思うほど。もちろんそうでなく、完璧な足使いのなせる業ですが。すごかった。芝居の感想は、またおいおいと。


追記;
壽初春大歌舞伎。初日に歌舞伎座へ。昼夜鑑賞。

とにかく素晴らしかったのが、黒塚。気合いがよい方向に向き、強く美しかった。人を引きつけるものがあった。歌舞伎を観たという満足感が一番高い演目でした。
奥州安達原。阿闍梨祐慶一行が老女の家に一夜の宿を請う。猿之助襲名のときには團さまだったなぁと、やはり思い出してしまう。芒の生い茂る原の、小さな小さな小屋に一人でいる老女。自らの身の上を語る。だが、さみしそうでも哀れでもない。猿之助は、岩手としてそこにいるのがうまいのだと思う。岩手は一行のために、薪を取りに出かける。人のために何かをすることの嬉しさがそこにあった。芒の原をすべるように進む足使いにもみせられた。踊りのうまいこと。この先、約束したのに庵の中をみてしまったと鬼女に豹変してしまう怒りとさみしさの場になる前の、ひとときの幸せ。ここをみるために、もう一度幕見しようかと思った。
昼の部は、「金閣寺」から。七くんの雪姫。大膳の染五郎さんは、出だし余り声に張りを感じなかった。なんだか悪そうでしたが。どっしりしているのですが、 此下東吉の勘九郎ちゃんは鋭い感じで、対決にちょっと温度差を感じました。エンジンがかかる前のような。七くんの雪姫は、なよなよして、物事を自分の力で切り開いていけなさそうな姫らしい姫でした。大膳には従えないし、大切な直信は処刑されちいそうだし、ただ泣くだけ。代わり金閣の天井に龍なんて描けたのかしら。白鼠の力というか祖父 雪舟の力を得て、急に事態が急展開。全てうまい方に自らの力で成し遂げる展開がぴったりでした。この理屈じゃない感じが鷹揚でよかった。
続いて、「蜘蛛の拍子舞」。白拍子妻菊の玉三郎さんは文句なく魅惑的。実は葛城山の女郎蜘蛛の精だった・・・玉三郎さんの顔に隈取なんてと観るたびに思う。景気よく蜘蛛の糸が舞う。後見がものすごい集中力で巻き取る。美しく巻いては、スピーディーに巻き取る。派手でいろいろ楽しい演目でした。
昼の最後は、「一本刀土俵入」。旅籠の安孫子屋前に現れた腹ペコで一文無しの茂兵衛は、 幸四郎さん。頭の弱い子にみえちゃった。お蔦が魁春さんで新鮮でした。十年の歳月が経ち、連れ合いが博打でいかさまをしたため家で娘と怯える方のお蔦はけなげでよく似合っていました。いかさまをした辰三郎は錦之助さん。どこかのんきなところがよく似合う。波一里儀十たちに追われるところを、助けるやくざものになってからの茂兵衛の幸四郎さんは大きな声を出していて驚いた。
続いて夜の部。「番町皿屋敷」吉右衛門さんが青山播磨。その男の誠が分からず、あさはかなことをしてしまった腰元のお菊ちゃんに、芝雀さん。 芝雀さん。ぴったりでした。まったく若い娘さんは、仕方のないほどくよくよし、余計なことをする。播磨の心に喜び、そして怒りに素直に自分を責め、手を合わせる。短絡さがとても似合っていました。
大事な者を無くしたから、もう俺の人生 この後は喧嘩だ!というのは、人としてどうなの青山播磨?とまじめなことを考えてしまいました。一生懸命みちゃったみたいです。
続いて「女暫」。華やか。でも、番町皿屋敷の時もちょっと思いましたが、ベテランの方の活絶が少々心配でした。そこは味で補えちゃうのですが。玉三郎さんのしーばーらーくーがちょっとこもって聞こえました。姿が見えれば優美なのですが。
最後は、「猿翁十種の内 黒塚」。やっと亀ちゃん(もう猿之助だけど)が歌舞伎座の舞台の上に立つ姿をみることができました。まってました~。おもだかやという大向こうがいっぱい。最後には、もうわかったよと思うくらいかかっていました。
壽初春大歌舞伎を堪能。こいつは春から縁起がいいわえ。

|

« あけましておめでとうございます | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック »

コメント

明けましておめでとうございます(^O^)

最近更新されていらっしゃらなかったので、どうなさったのかしらと思っていましたが、ブログが拝読できて幸いです。


私は2日に狂言会を見に行き、明日は松竹座の昼の部を観劇予定ですo(^-^)o


体に気をつけて、良いお芝居に出逢えるようにと祈っています。

投稿: 堀河初音 | 2015年1月 6日 (火) 21時57分

堀河初音様
ぼんやりしていたら月日が流れてしまいました。あぁ。
失礼致しました。
2日ということは、茂山家の天空狂言でしょうか。一度みてみたいなぁと思っております。
私の初能楽堂は12日の予定です。1月に三番叟を鑑賞できるので楽しみです。
松竹座は、襲名ですね。4月の歌舞伎座まで楽しみに待っています。楽しんでいらして下さい。

投稿: マイチィ | 2015年1月 6日 (火) 23時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/81962/58456162

この記事へのトラックバック一覧です: 初芝居:

« あけましておめでとうございます | トップページ | サウンド・オブ・ミュージック »